フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “えひめAI-2” | トップページ | 春を探しに∵・∴ »

☆手作りソーセージ☆

☆手作りソーセージ☆
☆手作りソーセージ☆
☆手作りソーセージ☆
今日はビールのあてにもピッタリ!なハーブ入りソーセージを作りました(^-^)v
ソーセージを作るにあたって腸詰めをしたいなぁと思ったのですが、色々肉屋にあたってみましたが、置いていなかったので、仕方なく、皮なしソーセージを作る事にしました。残念(≧ヘ≦)
皮ありだと中に肉汁が閉じ込まり、パリッと食べたした瞬間なんとも言えない香りと旨味が溢れ出てきますよね〜(=^・^=)
今度は是非腸詰めに挑戦してみたいです(o^-')b
ちなみに羊の腸詰めはウィンナーソーセージ、豚はフランクフルトソーセージ、牛はボロニアソーセージと腸の太さによって言い分けられてるそうです(o^-')b
近年ではケーシングと呼ばれる人工皮で作った製品が多いようです。
〈作り方〉
豚挽き肉300g、黒コショウ少々、天塩小さじ1、固形コンソメ1、生ハーブ(タイム、ローズマリー、セージ)合わせて大さじ1程度。
・コンソメは砕き、ハーブは枝を取って葉をみじん切りにします。
・全部合わせて良くこね、1時間ぐらいねかせます。一晩ねかせてもいいです。
・ねかせた肉を紐状に伸し、耐熱ラップにしっかりくるみ、ちょうどいい長さにねじっていきます。最後もう一度ラップに閉じ込めて湯がきます。・ある程度ゆがいたら取り出し、色付くまで焼いて出来上がりです。

ハーブがとても生きていて、芳醇な味わいです♪
お子さまでも十分いけると思いますが、たねを半々にして、ハーブなしを作ってあげてもいいですね(o^-')b。その場合ハーブの量は調節してください。生ハーブは少々大目でも大丈夫ですが、乾燥ハーブは1/3を目ヤスにして下さい(o^-')b簡単ですので、子供たちと一緒にでも作ってみてください\(^o^)/
今晩はちょっと豊かな味わいハーブでクッキング〜d(^-^)でした♪

« “えひめAI-2” | トップページ | 春を探しに∵・∴ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137437/27993976

この記事へのトラックバック一覧です: ☆手作りソーセージ☆:

« “えひめAI-2” | トップページ | 春を探しに∵・∴ »