フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “「おはなしのたからばこ」∵・∴・★” | トップページ | “アートクレイシルバー(純銀粘土)教室☆” »

“◆◇◆鎧兜(よろいかぶと)◇◆◇”

“◆◇◆鎧兜(よろいかぶと)◇◆◇”
“◆◇◆鎧兜(よろいかぶと)◇◆◇”

今日は大安だったこともあり、ようやく『兜飾り』を出しましたヾ(^_^;

お雛様の時は気合いを入れて一ヵ月前からは出していたのですが、今回は五節句間際ですねヾ(^_^;。

鯉のぼりは雨でしたので、今日は出しませんでした。また、お天気の日に出さないといけませんね(*^_^*)

〜五月飾りは厄払い〜
端午の節句は厄払いが目的。元は武家屋敷の外飾りでしたが、やがて鎧兜の武者人形を飾るようになり、庶民は厚紙などで作り始めたのが五月人形の始まりだそうです。元禄時代になると、外飾ではなく室内飾のミニチュアサイズになりこの頃から武家、庶民の飾に差異がなくなり現在に近い端午の節句のお祝いの仕方が普及されたと言われます。

〜鎧兜〜
命を守り、健康である事の象徴。
戦後、端午の節句では鎧兜を戦いの道具ではなく、身体を護るものと言う意味で事故や病気から赤ちゃんや子供を護ってくれるようにという願いを込めて飾るようになりました。

〜飾る日としまう日〜
五月飾りは、お雛様と違い早く飾って、早くしまうという特別な謂われは特に無いそうで、一般に春彼岸があければよいとされています。しまうのは、五月五日が過ぎたらあまり遅くならないうちに、というあいまいな時期らしいです…。家の近所では鯉のぼりは2ヵ月先まで出している家もちらほら見えますが…。

どちらにしても、人形を出し入れする度に、もう一年経ったのかぁ〜と、つくづく時の経つのは早いものだと感じさせられますね...((((((^_^;)。

« “「おはなしのたからばこ」∵・∴・★” | トップページ | “アートクレイシルバー(純銀粘土)教室☆” »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “「おはなしのたからばこ」∵・∴・★” | トップページ | “アートクレイシルバー(純銀粘土)教室☆” »