フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “木版リトグラフのワークショップ☆” | トップページ | “おうちdeエステ*。゜” »

“カモミール・ゼリー∵・∴・*。゜”

“カモミール・ゼリー∵・∴・*。゜”
“カモミール・ゼリー∵・∴・*。゜”
“カモミール・ゼリー∵・∴・*。゜”

今回は日東紅茶さんの『ティーバッグカモミール』を使用して“カモミールゼリー”を作りました。そこに、旬の果物『河内晩柑(かわちばんかん)』の果汁を加えて、スッキリした口当りのゼリーに仕上げました。

〜カモミールゼリー〜
〈材料〉
ゼラチン粉又は板:7g
カモミールティーバッグ:1
柑橘類の果汁(今回河内晩柑):20cc
ラカント(砂糖大3ぐらい):小5
水:100cc
熱湯:250cc
〈作り方〉
1,水100ccにゼラチンをふやかす
2,250ccの熱湯でティーバッグを4分程出す
3,2にラカント又は砂糖を加え溶かす。
4,1に3を加え、火にかけ、ゼラチンを完全に煮溶かす。
5,4に果汁を加え、器に移し、冷して出来上がり♪
器にカモミールの花や葉を添えたり、果汁で使用した果物を添えてもいいですね☆

5月末〜6月になるとカモマイルが一斉に花をつけますので、フレッシュ・ティーを思う存分使うのもいいです(o^-')b♪
今回使用した“日東紅茶”さんはカモマイルにペパーミントをブレンドされており、爽やかさがプラスされています。
カモミールティーについてはサイドバーのカテゴリー“アロマ&ハーブ”をご覧下さい。

〜ラカントS〜
〈原材料名〉
エリスリトール99.2%甘味料(羅漢果エキス)0.8%とほとんどが発酵ブドウ糖エリスリトールですが、身体に毒性はないそうです。単体では甘味が遅く感じられ、他の物と合わさることで、美味しくなるそうです。『羅漢果』は砂糖の300倍の甘さを感じるそうなので、このように利用することで美味しい甘味料ができるというわけですね☆
ラカントSは少し清涼感を感じる甘味料なので、レシピに合いそうなので使用してみました。

〜河内晩柑〜
大正時代に熊本県河内町で発見された外観がグレープフルーツに似た柑橘。別名「ジューシフルーツ」といわれ、果汁が多く爽やかな味わいが特長です。

今回は「河内晩柑」を使用しましたが、柑橘類ならどれも美味しく仕上がると思います♪

ハーブの力で元気になる爽やか初夏のティーゼリー(*^_^*)∵・∴・*。゜

« “木版リトグラフのワークショップ☆” | トップページ | “おうちdeエステ*。゜” »

アロマ&ハーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “木版リトグラフのワークショップ☆” | トップページ | “おうちdeエステ*。゜” »