フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “元気ハツラツサッカー少年☆彡☆彡” | トップページ | “第10回銀粘土で作るシルバーアクセサリーコンテスト☆彡” »

“『七夕』∵・∴・★”

“『七夕』∵・∴・★”
“『七夕』∵・∴・★”
“『七夕』∵・∴・★”

今日は午前中、次男の保育所のイベント『七夕飾り制作☆』に参加してきました☆

おとといも『音のひろば』でお飾り制作をしましたが、やはりこの時期は目白押しですね

おとといのブログで書き切れなかった、七夕と日本神話の雨の川伝説との繋がりについてお話しましょう。

昔、唐代から行なわれていたお祭に、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の“二星会合の祭り”(後の天の川伝説、牽牛=彦星、織女=織り姫)裁縫の上達を願う織女の祭り“乞巧奠”(きつこうでん)という2つの結び付いた祭りがあり、その後日本の宮中に五節句の一つとして広まり、七月七日の節花“竹”を立て、和歌など短冊を飾るようになりました。その後農村地域で言う旧七月七日=盆入り=豊作を祈り、種を撒く「種播祭り(たなばたまつり)」と混同され「しちせき」が「たなばた」となり、盆にちなんだお飾りと、豊作を祈るかざり、裁縫の上達を願う飾り、などを竹に飾る民間行事となったそうです

天の川伝説はあまりにも有名ですが、お互い好き過ぎて、仕事にうつつを抜かした彦星(牽牛)と織り姫(織女)は全く人間らしさが伺えますねヾ(^_^;しかし、それは、よい教訓として、ロマンチックな伝説とされていますが?年に一度、七月七日だけ逢うことを許したというのは、この夜に近づくと、織女=琴座「ベガ」牽牛=鷲座「アルタイル」の二つの星が近付くことからこの伝説が生まれたとも言われます(*^_^*)∵・∴・★

いずれにしても、色々な意味合いを含んだ『七夕∵・∴・★』は子供から大人まで楽しめる行事ですよね(*^_^*)。

今年の七月七日は晴るでしょうか?一説には雨で水が増、銀河を渡れないと、カササギが群れて翼を広げ、橋となって渡してくれるそうです♪

逢えていたらいいですね(*^_^*)∵・∴・★


« “元気ハツラツサッカー少年☆彡☆彡” | トップページ | “第10回銀粘土で作るシルバーアクセサリーコンテスト☆彡” »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “元気ハツラツサッカー少年☆彡☆彡” | トップページ | “第10回銀粘土で作るシルバーアクセサリーコンテスト☆彡” »