フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “///☆外構工事完了☆///” | トップページ | “真実の木*゜。*゜” »

“鏡開き由来~我が家の『変わりぜんざい』☆。゜*”

“我が家の『変わりぜんざい』☆。゜*”
“我が家の『変わりぜんざい』☆。゜*”
“我が家の『変わりぜんざい』☆。゜*”
今日1月11日は皆さんもご存知“鏡開き”の日ですね〜。
この日に“鏡餅”を下げて、お汁粉やぜんざいにして食べる風習がありまが、皆さんのお宅でも頂きましたか?

《鏡開き》
年神様に祀ったお供え物のお下がりを頂くことで、力を分けて頂く、という意味があるそうです
もともとは武士の風習で、女性は鏡に供えた鏡餅を、男性は具足(鎧や兜など)に供えた具足餅を、割って雑煮にして食べたことから始まった行事だそうです。
武家では「具足開き」とも呼ばれました。
武士は「切る」を嫌ったため叩いて割るのですが、「割る」という言葉も縁起が悪いため、「運を開く」にかけて「開く」が使われます。武家の具足開きが「刃柄(はつか)の祝い」と呼ばれ、本来は20日に行われていましたが、三代将軍家光の月命日に当たるため、11日に変更されたそうです。

うちでは、主人が渾身の力を込めて、鏡餅を切ってくれました…f^_^;
小分けのお餅にしておけば良かった…(>Σ<)

ところで、皆さんのお宅では、“お汁粉やぜんざい”を作って食べましたか?

私は関西に来てから「ぜんざい」と呼ぶようになりましたが、関東では、全て「おしるこ」と呼びます。どうやら違いは、粒が有るか、無いかの違いらしいですが、関東の「おしるこ」も粒はあります。ただ「ぜんざい」の様に豆がしっかり残っていて“さらさら”してる汁ではなく、豆はもっと形が潰れていて“どろどろ”としています。
私はどちらも大好きなので、うちでは、豆の残った“どろどろ”とした『ぜんざい』を作ってみました☆

去年、作ってみて、家では皆、普通に美味しいと言って食べてくれるので、今年も同じに作ってみました☆!

その名も《甘酒ぜんざい》です!(b^ー°)

〈材料〉
無添加甘酒:250g
小豆:100g
塩:二つまみ

〈作り方〉
1,小豆はさっと洗い、4、5倍の水で一度沸騰させ、捨てます。
2,また4、5倍の水で沸騰させ、小豆が泳がない程度の火で、ひたすら、あくを取りながら小豆が柔らかくなるまで、煮詰めます。水は豆がかぶる位に常に足しながら煮ます。
3,煮詰まって豆が柔らかくなったら甘酒を加え、塩、二つまみ程度を加えます。甘ければ、水を加えて加減して下さい☆

〜甘酒は総合ビタミンサプリメント〜

麹菌が繁殖する時に、B1、B2、B6、パテトン酸、イノシトール、ビオチンなど、全ての天然型吸収吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に溶出されてくるそうです。
ですから甘酒は、まさに総合ビタミンドリンクという訳ですね!(b^ー°)

使用する甘酒は砂糖などの入っていない物で、塩入りの場合は、塩を加える前に味を加減してみて下さい☆
その有り難いお餅と、栄養沢山の“甘酒ぜんざい”で、今年一年の新たな力を頂けたような気がしますo(*^▽^*)o*。゜*。゜

« “///☆外構工事完了☆///” | トップページ | “真実の木*゜。*゜” »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “///☆外構工事完了☆///” | トップページ | “真実の木*゜。*゜” »