フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “サムライブルーを導いた岡田監督*。゜*” | トップページ | “アロマテラピーインストラクター授業『精油学総論・精油学各論』” »

“著書『空気は読まない』*。゜。”

“著書『空気は読まない』*。゜。”
“著書『空気は読まない』*。゜。”

KYって初めて聞いたとき、
なんのことだかわかならなかった。
「空気が読めないヤツ」のことだと教えてもらった。
KYって言われたくなくて、
みんなが、空気にとらわれはじめた。
なんかおかしい。
空気は読めるが、
空気に流されないことが大切なのではないか。
空気は読めるが、
あえて、空気を読まないときがあってもいい。
空気をかきまわしたほうがいいときもある。
『「空気」の研究』って本があった。
昔、みんなが空気感染して、
なんだかわからないうちに、
ぼくたちの国は戦争をしてしまった。
「空気」を読んでばかりいると、
あの時代のように、
人は、自分の意見や意志を、見失ってしまうのではないだろうか。
この上文は“諏訪中央病院名誉医院長 鎌田 實(かまた みのる)著書『空気は読まない』”の冒頭部分です…
今日はまた、佳きご縁で紹介頂いた本です。
この本は『空気』という目に見えない大切なものに触れ『空気』を通して世の哲学を説き、新しい生き方を示唆している本です*。゜。
空気は、人に、街に、時代に伝染する。じわじわとひろがり、いつの間にか、
気分を高揚させたりする。
ときには、景気さえ左右し、経済を動かす。
ときには、人間の行動や生き方までも、操っていく。
まわりから浮きたくないと、必死で空気を読む。空気にとらわれる。
結局、小さな生き方から出られない。
気概を忘れていく。
気が抜けていく。
心が鬱々としてくる。
空気に流されるな。
空気をつくり出せ。
空気をよどますな。
空気をかきまわせ。
それが新しい生き方になる。
それが新しい時代をつくり出す。
信じていい。
空気は…読まない。
著者:蒲田 實
世の中の大抵の人は現状に満足し、空気をかき乱さないことに必死だ…
もし、世の中を変えたいと思うなら、空気を知っている上で、かきまわせ!その勇気が新しい時代と世の中をつくり出す*。゜。
今日も素敵な本に出会えたことに感謝、感謝いたしますm(u u)m*。゜。

« “サムライブルーを導いた岡田監督*。゜*” | トップページ | “アロマテラピーインストラクター授業『精油学総論・精油学各論』” »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

空気。。。空気って表現されてるものっていろんなモノの総称である気がします。人同士の輪を空気とするならば輪を乱すほどの個性は控えたほうがよいですし、逆に人が普通って思う感性に一石を投じる個性は別世界への入り口ととらえたほうが良いかもと思います。アートクレイのデザインも一般受けで売れるデザインと自分が思うモノとが一致しなくても、作っていけるかってところで別れそうですねぇ。。

そうですね~。
『空気』って一言で言っても、いろんな意味がありますからね。
本当の空気、場の雰囲気、時代の移り変わり・・・
捕らえ方はさまざまですねhappy01
今の私には、『空気』に負けないが課題です・・coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “サムライブルーを導いた岡田監督*。゜*” | トップページ | “アロマテラピーインストラクター授業『精油学総論・精油学各論』” »