フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “石上神宮〜66年目広島原爆日…” | トップページ | “10年後のビジョンを持って〜アロマの歴史「エジプト文明」” »

“☆限定10コ☆シルバーアクセサリーby『美か堂』”

“☆限定10コ☆シルバーアクセサリーby『美か堂』”
“☆限定10コ☆シルバーアクセサリーby『美か堂』”
“☆限定10コ☆シルバーアクセサリーby『美か堂』”

私の制作したシルバーアクセサリー“元準ミスインターナショナル”杉本美佳さんが運営されている『美か堂』さんで限定販売されることになりました☆
《杉本美佳さんHawaiianBeauty〜「美か堂」−心とカラダのキレイ術紹介》
 
掲載は私のHPも掲載して頂いています『ハラウ・ジャパン』さんです!
 
《Cocoran幸せを呼ぶハワイアンジュエリー》
 
 
美佳さん『キレイを呼び込む魔納(マナー)使い☆美佳BLOG☆』素敵なモノ、コト、バショなどをご紹介下さっています☆
 
美佳さんのように美しく*。゜。
 
皆さんもご参考にされてみて下さい♪
 
《杉本美佳さんブログ》
 
 
 
〜・〜・〜イリスのプチアロマ知識4.〜・〜・〜
 
さて、昨日のアロマのお話しは、なかなか聞きたいようで、聞きづらいであろう話しをいたしましたが…
 
リアルな表現で驚かれたかな(^w^)
 
私の表現ではなく、ある教科書からそんな表現を抜粋しました〜(^w^)
 
 
アロマをあまりご存じない方にはちょっと難し過ぎる話しだったかもしれませんね。
 
ここでいう『アロマ』『アロマテラピー』を指します。
ですので『アロマテラピー』っていったいどんなもの?
から、現在親しまれるようになるまでの歴史を追って説明していこうと思います。
 
まず、いったい『アロマテラピー』とはどういったものでしょう。
 
アロマテラピー植物から採った精油(エッセンシャルオイル)に含まれる植物エネルギーを、トリートメント(マッサージのこと)、吸入、湿布、沐浴といった方法で用いる自然療法です。
身体の様々な不調を改善するもので、心身両面への作用があります。
アロマは「香り・芳香」、テラピーは「治療法」という意味で、かつては「芳香療法」と訳されていましたが、現在は「アロマテラピー」とそのまま表記される傾向にあります。
 
アロマテラピーと言う言葉は、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、1928年に『アロマテラピー』と題する著作を発表したのが、その始まりとされています。ガットフォセはある化粧品会社の研究員で、ある日実験中に手に火傷にあってしまい、とっさの思いつきで、その場にあったラベンダーオイルに浸しました。すると火傷は驚くほどの早さで治癒したというのです。こうしてガットフォセは、昔から伝承されてきた植物療法(pytotherapy)に用いられる生薬の中でも、芳香性生薬や精油、およびそれらの成分が、心と情緒の面で薬草全体あるいはエキスを用いる薬草医学よりもはるかに効果的で、疫病治療にも好結果をもたらすことに注目し、これらを主剤にした治療法の研究を進めました。日本では1985年に、イギリスのアロマテラピー研究家ロバート・ティスランドの著書『アロマテラピー〈芳香療法〉の理論と実際』(高山林太郎訳、フレグランスジャーナル社)が翻訳出版されて、本格的に普及してきました。
 
こうしてみると、意外にその歴史は浅いように思われがちですが、昔から人間は、健康で快適な暮らしを送るために自然の香りや薬草をうまく生活の中に取り入れてきました。
 
その話しは古代エジプトにさかのぼります。
 
次回は古代エジプトからの流れについて、触れていこうと思います。
 
〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
 
今日もありがたい一日に感謝、感謝でございますm(_ _)m*。゜。
 
 
『Cocoran』
 

« “石上神宮〜66年目広島原爆日…” | トップページ | “10年後のビジョンを持って〜アロマの歴史「エジプト文明」” »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137437/41136503

この記事へのトラックバック一覧です: “☆限定10コ☆シルバーアクセサリーby『美か堂』”:

« “石上神宮〜66年目広島原爆日…” | トップページ | “10年後のビジョンを持って〜アロマの歴史「エジプト文明」” »