フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« “ナンバー『18』隠された謎…” | トップページ | “アートクレイシルバー教室*。゜。それぞれの道” »

“地震と地熱と星の誕生”

“地震と地熱と星の誕生”
“地震と地熱と星の誕生”

今日は美しい満月ですね*。゜。
 
そうした星を見ていると最近殊に宇宙の不思議を感じます。
 
それは徐々に宇宙の解明が進み、更には神秘と言われていた分野においても物理的解答がなされてきたからです。
 
 
そして、今注目されている地震、地熱において、この地球が消滅するまでの相互関係が見えてきたように思います。
 
地震は確かにある周期に従って爆発的に起こるであろうことも分かりました。
 
地球の寿命としてはおよそ数兆年。
 
しかし、太陽の寿命の方が短く数億年〜数百億年。
 
従って地球に生物が存在出来るのは、太陽存続年数が…?
 
 
これは星の質量で寿命が決まります。
 
 
まず『星』どのように生まれるのでしょう。
 
①星は、宇宙空間を漂う“分子雲”を元にして形成される。
 
②分子の一部が“重力(万有引力)”によってまとまり、やがて“星の素”が出来ていく。
 
星の素が自身の重力によって縮むと、中心部は次第に圧力が上がり、熱くなっていく。やがてこの高温による“膨張する力”が“重力(縮めようとする力”が釣り合うようになると『星』になる。
 
 
また、星の中心部が高温になり、熱が表面に伝わると、熱は光となって星から放たれる。
こうして星は輝きはじめます。
 
 
星の内部の熱は逃げていくため、そのまま“膨張する力”は弱まり、星は重力に負けて少し縮む。すると縮んだことで星の内部が再び高温になり、“膨張する力”が“重力”に釣り合う。を繰り返し行い星は保たれている。
 
例えば風船を手にもって押しつぶそうとすると、風船から押し返す力が感じられる。同じように星の中心でも、巨大な重力に対抗して気体の原子が激しく振動している。
 
 
恐らく、地震この関係による振動が繰り返されているのではないかと思います。
 
 
そして地熱星の中心部に圧力がかかることによって生まれたものであると思います。
 
 
地震が起きる時、一瞬空が明るく光るという人もいます。
ある人はそれは人口的に起こした地震の場合に見られるといいますが、“空が明るく光る”のは星の内部の熱が光として逃げいく瞬間なのではないか…?と思ったりもします。
 
 
あらたな大地震予見が発表されましたが、それは土地が隆起している場所と重なっています。
 
膨張し続けた土地なのかもしれません。
 
 
いずれにしても『星』とはそうした生き物であり、常に『地震』とは切っても切れない関係にあるということです。
 
『地球』いえ『星』特徴に適した資源活用をもっと考えて行くべきだと思いました。
 
 
今日もありがたい一日に感謝、感謝でございますm(_ _)m*。゜。

« “ナンバー『18』隠された謎…” | トップページ | “アートクレイシルバー教室*。゜。それぞれの道” »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137437/42478903

この記事へのトラックバック一覧です: “地震と地熱と星の誕生”:

« “ナンバー『18』隠された謎…” | トップページ | “アートクレイシルバー教室*。゜。それぞれの道” »