フォト

私のホームページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

こども・うらら・くらぶ

“こども・うらら・くらぶ『黒ごま風味のカップケーキ』*。゜。”

“こども・うらら・くらぶ『黒ごま風味のカップケーキ』*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ『黒ごま風味のカップケーキ』*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ『黒ごま風味のカップケーキ』*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ『黒ごま風味のカップケーキ』*。゜。”

今日は“こども・うらら・くらぶ”こと『砂糖・卵・乳製品』を使わずに作るお菓子教室をしました♪
今日は“黒ごま風味のカップケーキ”を作りました☆
《黒ごま風味のカップケーキ》
〈材料〉
薄力粉…200g
ベーキングパウダー…小さじ2
練り黒ごま…大さじ4
なたね油…50cc
豆乳…140cc
メープルシロップ…100cc
バニラエッセンス…少々自然塩…少々
黒ごま…適量
〈作り方〉
1,粉類を一緒にふるう。
2,粉類と飾り黒ごま以外の材料を均一に混ぜ合わせておき、1,に加えよく混ぜる。
3,カップの2/3量まで生地を入れ、黒ごまをふって150℃のオーブンで35分焼く。
〜豆乳が生み出す柔らかい噛み心地。優しい味わい〜
子ども達も喜んで食べていました(o^∀^o)♪
お好みで、はちみつなどを少しかけてもいいと思います♪
〜クレオパトラも愛した美容食『黒胡麻』〜
黒ゴマの健康効果
・動脈硬化予防(黒ゴマに含まれるリノール酸やリノレン酸など良質な不飽和脂肪酸)
・ストレス緩和・精神安定(驚異的なミネラル。カルシウム、マグネシウム)
・老化防止・若返り(良質にアミノ酸、ビタミンC、グリコマンナンとアントシアニンなどの抗酸化物質)
・生理痛(黒ゴマの抗酸化物質が血液から活性酸素を取り除く。ミネラルの精神緩和作用)
・やけど・切り傷(昔からの民間療法、伝承療法)
・白髪防止(昔からの民間療法、伝承療法)
・便秘解消(黒ゴマに含まれる不溶性食物繊維)
・冷え性予防(黒ゴマに含まれる鉄分)
特に『練り黒ごま』は本当にいいと思います☆
頭髪の真っ白だったうちのおばあちゃん。『練り黒ごま』食べ始めたら、黒髪が生えてきて(゜∀゜;ノ)ノ、とっても大喜び(*^o^*)♪
盛んにススメてくれました(^_^;)
気持ち若返ったみたいで、髪もオシャレにきめてウキウキ(o^∀^o)♪
もう、80歳になりますが、女性はいつまでもキレイでありたいものですよね(^w^)♪
白髪にお悩みの方、特にオススメですよ!(b^ー°)

“こども・うらら・くらぶ*゜。*”

“こども・うらら・くらぶ*゜。*”
“こども・うらら・くらぶ*゜。*”
“こども・うらら・くらぶ*゜。*”
“こども・うらら・くらぶ*゜。*”

今日は昼からチビの3歳児検診でしたが、何故かチビはいつも、身体測定を異常に嫌がり…(>Σ<)
測定に手を焼きました…(>Σ<)
そして約1時間半に及ぶ検診も無事終了し、速攻帰って、直ぐに小学生お待ちかね!
“こども・うらら・くらぶ”こと、小学生を対象とした“卵・乳製品・砂糖”を使わない『お菓子教室』をしました☆
約、一年に渡り続けてきましたが、みんな、手つきも上手になってきて、計りの要領も手早く間違えなく、慎重に出来るようになりましたo(^-^)o☆
お菓子に使う材料も、もう覚えてくれたようです♪
私は三大アレルゲンと言われる食材を省いたお菓子作りを勧めていますが、主なレシピのベースは写真にあるようなレシピ本を参考に作成しています!(b^ー°)
ただ、こども向けに味を変えたり、材料を変えたりと、アレンジします☆
2時間以内で、こども全員が終わるには、かなりのアレンジが必要だと言うこともありますが、変えて簡単♪お手軽レシピになったら、なおのこといいと思い、試行錯誤しています…f^_^;
最近では、いろんなアレルギー持ちのこどもも増えてきているようです…
そんな健康を気遣ったレシピ本は、今、沢山あります☆
是非、そんな本を参考にたまには、食材を見直してみるのもいいかもしれませんね!(b^ー°)☆
今日の“こども・うらら・くらぶ”で作ったお菓子はまた次回、ご案内しまーす☆

“こども・うらら・くらぶ♪*。゜。”

“こども・うらら・くらぶ♪*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ♪*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ♪*。゜。”
“こども・うらら・くらぶ♪*。゜。”
今日は大安ですo(^-^)o

お嬢様をお持ちのご家庭ではお雛様を今日には飾らないと、次の大安は3月2日の前日になって、2日でお雛様をしまうはめに…

なんてことは気にせずに、桃の節句を楽しみましょう(o^∀^o)♪

今日は小学生を対象にした“お菓子教室”こと『こども・うらら・くらぶ』をしましたo(^-^)o♪

『こども・うらら・くらぶ』では“乳製品・卵・白砂糖”を使わないお菓子作りを提案していますo(^-^)o♪

そして今日のお菓子は“三色ういろう”を作りました♪

雛飾りの三色ひし餅をイメージして、作ってみたのですが…砂糖を“甜菜糖”にしたので、白ういろうが茶ういろうになってしまって…時間がなかったので綺麗に製法出来なかったので見栄えががっかりになってしまいましたが…f^_^;

味はグ−でした(^_^)v♪
材料はいたってシンプルで、作り方も凄く簡単なので、おやつに困った時、速攻出来るお役立ち“お菓子”なので、小腹が減った時にもオススメです!(b^ー°)

レシピは次回のブログにて、ご案内しまーす☆

“こども・うらら・くらぶ*゜。”

“こども・うらら・くらぶ*゜。”
“こども・うらら・くらぶ*゜。”
“こども・うらら・くらぶ*゜。”
“こども・うらら・くらぶ*゜。”

今日は月に一度の“こども・うらら・くらぶ”の日です☆

益々暑くなってきた今日この頃。お菓子もつるんとあっさり冷たい系がいいですよね☆

今日も、とても簡単な、のど越しのよい“杏仁豆乳とぶどうコンポート”を作ってもらいました(o^-')b∵・∴・☆

〜杏仁〜
杏仁(あんずの核)

杏仁にはビタミンB17の「アミグタリン」が微量含まれ、ガン細胞に取り巻く特殊な酵素に接した時だけ青酸に変化して、ガン細胞を自滅させるそうです(ΘoΘ;)

杏仁の成分は、カリウム、マグネシウム、リン、抗酸化作用に優れたβカロチンなど。カルシウムや鉄分もあり、美肌成分が豊富にあるそうなので女性には、美味しく、嬉しいデザートですよね♪

最近では、簡単に杏仁豆腐を楽しめるキットがありますが、中にはアーモンドを代用している物もあるそうですから、杏仁にこだわる方は要チェックですね☆

今日は“杏仁豆乳にデラウエアのコンポート”を施したお菓子です☆

杏仁の風味と、甘すっぱいぶどうの風味は良く合います☆デラウエアは粒が小さいので、よく絡んで食べやすいです☆。他、マンゴーピューレなんかもいいですね♪合いそうなフルーツソースを自分で作って楽しんでみて下さい(^-^)∵・∴・★

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・☆゜”

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・☆゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・☆゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・☆゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・☆゜”

今日は月に一度の『こども・うらら・くらぶ♪』の日☆

今日のレシピは『水無月風ココナッツゼリー』です♪。
〜“水無月”と言う名の和菓子〜
6月30日、旧暦で言えば夏の終わりにあたるこの日に、半年分の罪や汚れを祓い、残り半年の疫病よけを祈願する“夏越の祓え(なごしのはらえ)”の日に食べる習わしがある和菓子です。
『水無月』は白ういろうに小豆をのせた、三角形のお菓子です。小豆の赤は悪魔払いの意味があり、三角形の形と白は氷に見立ててあるそうです。
氷とは、室町時代の宮中で旧暦6月1日(現在の6月30日)に氷室の氷を口にすると、夏痩せしないと言われており、氷を口に出来ない庶民はそれにあやかるため、その様なお菓子を作って縁起を担いだそうです。

ということで、白い部分は、“ういろう”でなくてもいいだろうヾ(^_^;という発想から、こども受けする寒天ゼリーを作ってもらいました☆。
“ココナッツ”ほてった身体を冷やす働きがあります。そこで、“ココナッツと豆乳”で作った寒天に小豆寒天を乗せて“水無月”に見立てたお菓子を作ってもらいました。次回のブログで作り方を説明します(o^-')b☆

作業は至って簡単です☆豆乳臭さもなく、ココナッツと小豆のコラボが意外と美味しいと思います(o^-')b☆

本当の“水無月”和菓子は6月30日に食べてもいいですしね(o^-')b。上記の内容で言えば…夏痩せしたい人(私も含めσ(^◇^;)。。。)30日は氷を口にしない方がいいのかしらヾ(^_^;


“こども・うらら・くらぶ∵・∴・*゜”

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・*゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・*゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・*゜”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・*゜”

今日は午後から“こども・うらら・くらぶ”をしました☆

今回は旬の果物を生かした、『季節のフルーツタルト∵・∴・★』を作ってもらいました☆
旬のフルーツも最近ですと、メロンやびわ、アメリカンチェリー、柑橘類ですね(o^-')b♪

どれもよかったのですが、一番親しみのある、子供受けする“柑橘類”にしました。“柑橘類”も最近では、色々な品種があり、迷うところですが、酸味の少ない『セミノール』という品種にしました。『セミノール』という品種はあまり聞き慣れない柑橘類ですが、見た目も味もミカンとオレンジの合いの子の様な感じで、和製オレンジといった感じでしょうか…?今日はその『セミノール』をゼリーにし、タルトのトップに敷きました☆タルトの下はタルト生地とカスタードクリームですので、トップにコーティングするのは、他のフルーツでもOKです♪

レシピはまた、次のブログでご紹介しますが、“こども・うらら・くらぶ”では、乳製品、卵、白砂糖を使わない、カラダに優しい、子供でも、簡単に作れるお菓子づくりを提案し、月に一度、小学生を対象に4、5名のグループで作成してもらっています(o^-')b☆

食べ慣れない味に、少し戸惑う場面もありますがσ(^◇^;)。。。
何度か、食べやすいレシピを試作して頑張っておりますヾ(^_^;

この経験や食意識を将来子供達が大人になった時思い出して、何かの役に立つ結果につながってくれれば幸いと思っています(*^_^*)∵・∴・★

※乳製品、卵、白砂糖が決して悪いと言う訳ではありません。
普段の食生活では無くてならない存在ですし、有り難い食材だとも思っています。ただ、あまりにも簡単に美味しく作れてしまうそれら魔法の食材は、多食し過ぎる傾向があり、多食はアレルゲンを引き起こす要因となります。『うららくらぶ』では、そんな食意識を見直すきっかけになれればと思い、始めたクラブですm(_ _)m

次回の“こども・うらら・くらぶ”は6月末頃です└|∵|┐♪┌|∵|┘

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”

もうすぐ端午の節句ですね∵・∴・★
そうなると、ちまたでは柏餅や粽が出回り始めますね(*^_^*)
そこで今日の『こども・うらら・くらぶ』では変わり柏餅『芋餡柏餅』を作ってもらいました♪
小豆餡はいつでも食べられますし、みんなの大好きなおいもさんで餡を作ってみようと思いました(o^-')b☆
こどもでも簡単に作れる手間のあまりかからないレシピにしてあるので、苦戦することなく、楽しく会話をしながら、作っていました(o^-')b

こうして、子供達の会話を聞きながらしていると学校の様子や子供達の成長をうかがい知ることが出来て、私にとっても、この時間は貴重に感じます。ちょっとした悩みも雑談として、話してくれますし、私でよければ、できるだけそう言った話しを聞いてもあげたいと思っています。
自分の子供もお友達と一緒なら、饒舌になって、打ち明けたりもしてくれますしねヾ(^_^;

〜端午の節句〜
本来は田植えをする女性のための日本古来の神事と中国伝来の厄払い神事が結びついたものだそう。江戸幕府によって五節句の一つに定められ、男の子の行事として定着。1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として「こどもの日」が制定され、男女の区別なくお祝いする日になったそうです。byAllabout
端午の節句はゴールデンウィークにも重なっていますし、家族で楽しくお祝いしましょうね〜♪
そういや、まだ鯉のぼりも、兜も飾ってないやぁヾ(^_^;

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”

“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”
“こども・うらら・くらぶ∵・∴・★”

今日は“こども・うらら・くらぶ”の日です♪

この所、とても暖かい日が続いて、春と言うよりは初夏の様な気候ですね(=^・^=)∵・★
お花見が楽しみにになってきた今日この頃♪

そこで、今日は“3色団子”を作ってもらいました(o^-')b☆
3色のうちのピンクのお団子は、春を感じさせるなくてはならない存在なのですが、どうしても、赤色何号と書かれている合成着色料が気になって、ほんの数滴しか入れないのですが、自分で作る時はやめよう!と思い、小豆色、白(桜)、ヨモギ色の3色にしました☆

それでも凄くキレイに出来ていたので、子供達も「キレ〜∴・♪」と感動していました♪

作業は簡単な上に、子供にとっては、粘土の様で楽しかったみたいです☆

“こども・うらら・くらぶ”では、子供でも簡単に作れる、身体に優しいお菓子作りを目指し、なるべく乳製品、卵、白砂糖を使わないマクロビ的なお菓子作りを提案しています☆

これらの材料を使わず、制作するのは以外と難しかったりもしますが、これからも、頑張って提案していきたいと思っています∵・∴・★

こども・うらら・くらぶ∵・∴・★

こども・うらら・くらぶ∵・∴・★
こども・うらら・くらぶ∵・∴・★
こども・うらら・くらぶ∵・∴・★

今日は“こどもうらら教室”をしました(^-^)
小学1年〜3年生5人のグループなので、“うららくらぶ”と呼んでいます☆
うららくらぶでは、小学生でも簡単に作れるカラダに優しいお菓子作りを中心に興味を持ってもらえそうな事を皆で楽しく制作していこうと言う教室です(o^-')b
今日は皆に“甘酒ぷりん”を作ってもらいました♪
桃の節句には甘酒は欠かせませんよね。しかし、余らせる事もしばし…。砂糖など無添加の甘酒はカラダにもよく、程よい甘味料になるので、実は砂糖の代わりに色々使えたりします。

〜甘酒は総合ビタミンサプリメント!〜
甘酒にはブドウ糖が20%以上含まれ、人間が生きていくために不可欠なビタミン類が豊富に含まれているそうです。
麹菌が繁殖する時に、B1、B2、B6、パテトン酸、イノシトール、ビオチンなど、全ての天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に容出されてくるそうです。ですから甘酒は、まさに総合ビタミンドリンクと言う訳ですね(o^-')b。
by All About 健康・医療サイト
江戸時代には、甘酒を夏バテ防止の栄養ドリンク剤として飲んでいたのだそうです(o^-')b
そう聞くと、もっと身近に甘酒を取り入れていきたいものですね♪
ちなみに、おしるこを砂糖を使わずに甘酒で割って作った事がありましたが、なかなか美味しかったですよd(^-^)☆


”こども・うらら・くらぶ。。。*”

こどもうらら教室
こどもうらら教室
こどもうらら教室
こどもうらら教室は、月に1回自宅にて小学生4、5人を対象にお菓子作りなど、興味を持ってもらえそうな事をしています(^-^)v。
お菓子作りは、卵、乳製品、砂糖をできるだけ使わないレシピをモットーに提案しています☆

参考は、
《別冊主婦と生活》
“あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”

《河出書房新社》

“卵・乳製品・砂糖なしでつくる絶賛レシピ タカコ・ナカムラのWhole Foodスイーツ”
などを参考に、こども達に受けそうな味に配合量や材料を変えながら、提案していま♪。
今日は干しいもトリュフとくるみトリュフに挑戦してもらいました!
レシピではフードプロセッサーを使用とありましたが、一生懸命すりこ木でしてもらいました(≧∇≦)。とっても大変だったみたいですヾ(^_^;。でも、こどもの純朴でソフトな味わいのお菓子が出来たと思います♪味は作った人の人となりが読み取れると私は思うのです(^-^)
今日はこどもの作った味に癒されました∵・∴・★。

より以前の記事一覧